人気ブログランキング |
カテゴリ: BOOK!!( 24 )
今年は本を読もう!!
突然ですが。

今年は本をたくさん読みたいです。
日々なんとなくばたばた〜っと過ぎてしまって年末。。(気がはやい。まだ1月)
ってことにならないように。

早速購入。
今年は本を読もう!!_d0062651_18271670.jpg

ってか
リリー・フランキー。。
いわゆる『本読む!!』な『本』ではないのかもしれないけど。
今年1冊目にはふさわしい本なはず。

文学作品ではないですがリリー・フランキーさんの書く文章が好き。
『エコラム』
というタイトルからして絵+コラム。
帯には
『絵とコラムで綴る、エコとは無関係な108編!』

『東京タワー』も良かったけどわたしはこっちの『うひゃひゃひゃひゃ』っていう笑いの似合う
リリー・フランキーさんのコラム好き。

おすすめはどうかは好みが二分されると見た。

んでもう1冊は写真集
こっちのが守備範囲広そう。

今年は本を読もう!!_d0062651_18343739.jpg


すごくない???
モップ的なワンちゃん笑ってるし。
ほか超ラブリーな写真がこのカメラマンさんのサイトで見れるので見てみて!
やばいよ!!
tim flach
ほんとかわいいから!!
by andjump | 2011-01-12 18:40 | BOOK!!
ややハマり。。
ややハマり。。_d0062651_18381767.jpg
ただいまややハマり中。。

トワイライト。
新作トワイライトサーガもみました☆


今更。
そう。
今更。。。

映画だけではあき足らず、本まで読み始めてみた。
つっこみどころ満載。
やや韓流ドラマ要素もアリ
とっても軽〜く楽しめます。

なんどなくDVDみたいな〜
ドラマシリーズはめんどくさいし〜
重いのはちょっとなぁ〜って方にはおすすめです。

ほんと映画はつっこみどころ満載ですから!!
楽しんでくださいませ。
by andjump | 2010-04-07 18:50 | BOOK!!
最近買った本☆
最近買った本☆_d0062651_1857429.jpg

『baby baby baby』
メキシコのカルチャー雑誌。
とにかくガーリー。
作り込んだガーリーではなくてほんとにあどけなガーリー。
かわいいです。

ガーリーもかわいいけど今の気分にピッタリなのがこちら。
最近買った本☆_d0062651_18575023.jpg

最先端(!?)のヘア・アートが紹介されている本。
『Hair'em Scare'em』
表紙がすでにかわいい!!
中身をちらっと。
最近買った本☆_d0062651_1858088.jpg

うへへ。

髪の毛にとどまらずいわゆる『毛』を使った様々な作品がのっています。

『毛』というだけでなんだか笑えるのが不思議なところで。
まじめに『毛』にとりくんだ作品がたくさんです。

一番身近にある『毛』
表現はまだまだ広がる余地アリです。
by andjump | 2010-02-24 19:09 | BOOK!!
くりえいたー
くりえいたー_d0062651_2056421.jpg
久しぶりにストリートなクリエイターを紹介した本を見かけて
思わず購入。

なんだか導入部分にひかれたんです。

『1%かもしれないけれど確実に存在する。。。』

10代〜20代の頃初めて出会ったいわゆる
『クリエーター』のはしり。
リアルに感じ、憧れ、とにかく
『かっこ良かった!!』
人たちのインタビューです。

近頃ってなんだか『憧れ』っていう感情がいけない?
というかばかばかしい?
みたくとらえられている気がなんとなくする。。。。
そう感じるのは私だけなのでしょうか。。。

とびっきりはたから見たらばかげているような事。
でもとても大好きで気分があがる事。

そんな事も必要と思います。

まだあまり読んでいないのだけど。
とにかく。

外に出たくなるような本である事は間違いない気がする。

読書の秋の始まりです!
by andjump | 2009-09-15 21:12 | BOOK!!
ゲゲゲの女房
ゲゲゲの女房_d0062651_16445596.jpg
最近読んでる本。

『ゲゲゲの女房』

来年のNHKの朝の連ドラの原作だそうです。

基本 わたくし鬼太郎大好きなので、読まない訳にはイカンです。

『ゲゲゲの女房』はゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるさんの奥様の自伝です。

いや〜〜。

おもしろいです。

おすすめ。

激貧乏ながら悲壮感はなくなんだかゆるくて明るい。

この奥さまほんとステキな方です。

とても素直でとてもやさしく、強い。そしてちょっと天然(?)

どうやらこの本は映画化もされるみたいですね。

映像化される前にぜひ本でよんでみてください☆
by andjump | 2009-07-08 19:50 | BOOK!!
アーティスト症候群
アーティスト症候群_d0062651_15433859.jpg
昨日アップしたnoelのアルバムよかったです〜☆

ほんとnoelのやさしい歌声に癒されました。
ライブなので曲もすこしアレンジされててそれがまたよかった!!
『wonderwall』
ビートルズのカバー
『all you need is love』
などよかったですよ。
ちなみにall you need is loveはpaul wellerも参加☆






そして本日のご紹介はこちらの本
『アーティスト症候群』
読み始め面白くて

分析ばかりしてるのが嫌になり

いや、でもとても深い分析なのかも

って感想です。


作者の自分自身の分析、美術に関する考えの深さ、などなどにとても考えさせられました。
アーティスト(いや作家?)さんのあり方、考え方、想いなどとてもわかりやすく『説明』されています。

そしていままで漠然と感覚的にかわかっていなかったものがとてもはっきりして
すっきりとした気分になれました。

まだ読み終わっていないのですが、ゆっくりちゃんと文章、その言葉を使ってる意味などを
考えてよみたい一冊です。

一見かな〜りふざけた軽い内容と見せかけてとても深い面白い本と思います。
おすすめ!!

しかし。。。
水島ヒロさんと絢香さんの結婚ニュースはえっらいびっくりしました。。。。
by andjump | 2009-04-03 20:09 | BOOK!!
BANKSY " Wall and Piece"
BANKSY \" Wall and Piece\"_d0062651_20333954.jpg
UKのBanksyっていう人のアートブック。

ゲリラ的に街の壁に作品を描くアーティストさんです。
美術館に勝手に作品を展示しちゃったりもしてとてもおもしろい活動方針を
持っているお方。

なかなかアーティストさんの作品で『全部好き』ってないけど
彼の作品はほんとうに全部好き。
腹黒くて皮肉たっぷりユーモアたっぷり。
シャレがきいててすごく頭がいい感じ。

久しぶりに見て
『やっぱり好きーー』って思いました。
いつか彼の作品を買えるといいな。

今はこの本で我慢。

BANKSY \" Wall and Piece\"_d0062651_20274423.jpg

あーんど。
今日はクリスマスイブ。
私のところにはサンタさんが来るかなー。

今日商談で出会ったサンタさんからのプレゼント。
チロルチョコクリスマスセット。

ありがとうございますー016.gif

メリークリスマス☆
皆さんのところにもサンタさんが来ますように!!
by andjump | 2008-12-24 20:27 | BOOK!!
TRANSIT
TRANSIT_d0062651_1815912.jpg
ポルトガル旅行に行く前に読みたかったー。

TRANSIT

内容は詳しくまだ読んでいないのだけど
ぺらぺらっと見た感じとてもおもしろそう。

普通の旅雑誌とはすこし違った旅の本です。

『安心できる場所は確保しておきつつちょっと他を見てみたい』的な旅ではなく
『がっつり行っちゃう』的な旅雑誌。

意味わかんないですよね....。書いてる自分もわからんです。

まあ。
とにかく気になった方はまず本屋さんで立ち読みしてください!!

以前NEUTRALっていう雑誌を何度か読んだことがあって、
TRANSITはどうやら進化版みたい。

お茶とお菓子を用意してゆっくり読みたい!
by andjump | 2008-12-23 18:32 | BOOK!!
20世紀少年
20世紀少年_d0062651_22352094.jpg
次の展示会の準備で毎日超忙しいです。
気づいたらいつのまにやら夜になってる!!!!

遅くまで仕事していると
アタマの中が興奮状態でいつも急には寝れません。

今毎日寝る前の気分転換のお供
『20世紀少年』
今更ながら読んでます。
一気に全巻借りちゃいました。
危険なので毎日1冊ずつ持ち帰ってます。

おもしろいーー。

映画もみたいな☆
by andjump | 2008-09-25 22:39 | BOOK!!
サハラに死すvs荒野へ(in to the wild)
この前ちょっと書いていた
『サハラに死す』
読んでます。

どうやらこの前読んだ
『荒野へ』とはまったく違うようである。

主人公、甘い。と私は思う。
この年の頃って(22歳)こんなに甘かっただろうか?
単なる小学生の冒険が海外に行っただけのように思える。
そしてほぼ周りの人の助けによるところが大きいようにも思える。
(実際旅をしたのは彼だけど。)
人間としても生きることどうこうよりも、
彼はただ単に前に進みたかった、やり遂げたかった。
そんな気がしました。

悪くはないのかもしれないけど。
私の好きでないタイプの冒険者でした。

『荒野へ』の主人公はもうすこし哲学的思考があるように思える。
生きることを考えているし、少なくともまわりに迷惑をかけてはいない。
読むなら『荒野へ』をおすすめかな〜。

あくまでも私の感想なのでございますが〜。
by andjump | 2008-09-24 13:16 | BOOK!!